地行浜いきものプロジェクト

事業紹介事業紹介

事業紹介

  • ホーム
  • >
  • 事業紹介
  • ①取り組みの検討

    様々な専門分野の人たちと一緒に,地行浜の生きものをより豊かにするための方法を話し合います。

    【参加メンバー】
    • 環境保全に係わるNPO等の団体
    • 学識者(九州大学名誉教授・福岡大学助教)
    • 環境調査を行う企業
    • 漁業者
    • 地行浜海浜公園管理者  等
    取り組みの検討

    ②取り組みの試行・検証

    地行浜での調査や,会議で話し合ったことをもとに,地行浜の生きものをより豊かにするための方法を試したり,市民の方たちと一緒に取り組める手法を考えたりします。

    取り組みの試行・検証
    取り組みの試行・検証

    ③取り組みの実践

    市民のみなさんと一緒に,地行浜の生きものをより豊かにする取り組みにチャレンジします。

    (1)アマモ場づくり

    アマモは海の中で花を咲かせ,種をつける海草の一種です。
    アマモがたくさん生えているアマモ場は「海のゆりかご」と呼ばれていて,魚など海の生きもののすみかや餌場,産卵の場となります。
    市民のみなさんと一緒に,地行浜でアマモの苗を植付けてアマモ場づくりに取り組みました。

    アマモ場づくり

    (2)竹漁礁の設置

    海の生きものの棲みかとなる「漁礁」を竹で作って海に沈めます。福岡市の子供達が一生懸命考えて設計,製作した竹漁礁。どんな生きものが住んでくれるでしょうか?
    詳しくはこちらをご覧ください。

    竹漁礁の設置